FC2ブログ

住宅手当と借り上げ社宅

かわちゃんです。

今日は借り上げ社宅と住居手当についてご紹介します‼︎


どちらも同じような感じがしますが、細かい点で違いがあるので注意してください。

まず、住居手当とは、基本給などに上乗せして支払われるもので、お給料としてみなされます。

そのため、従業員から見れば、源泉所得税の課税対象となります。
さらに、社会保険料の計算対象に含まれ、従業員、会社ともに収めるべき社会保険料の負担が増えます。

一方、借り上げ社宅は、会社が部屋を借りて、従業員を住まわせます。その際、半額程度を従業員に負担させることで、会社負担家賃はお給料として見なされず、源泉所得税もかかりません。また、社会保険も給与として見なされないため、保険料負担額は上がりません。

この時の、従業員負担額については源泉所得税と社会保険で、給与とするかの判断基準が異なるので、注意が必要です。しかし、大まかに家賃の半額程度とお考えください。


こう考えると、借り上げ社宅の方が、従業員負担の源泉所得税も上がらないし、会社と従業員が共に負担する社会保険料も上がらないのでいいですよね。


ということで、かわちゃんでした‼︎
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.05.22 23:35 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2727-739f1ffd

| ホーム |