FC2ブログ

住宅ローン控除の誤り

荷物の宅配をお願いしてたのですが、配達指定時間から2時間過ぎても届かなければ電話も来ませんでした。
どういうことでしょうか…?

こんばんは、スギちゃんです。


いつ来るかもわからないので、お風呂にも入れません。
諦めて明日の朝入ろう…。

連絡って大事ですね。
朝に、某寿司チェーンのアルバイトが食材を捨てて拾ってまな板に置くという動画についてニュースでやってましたが、対応とか行いとか本当に大事だと改めて思いました。


さて、話は戻りまして確定申告の時期ですね。
還付申告の方は1月から申告できますので、なるべく早く済ませたいものです。

そんな中で、一部の申告について誤りがある方が結構多いようです。
それが、「住宅ローン控除」です。

一例を挙げますと…
最近施行された、親などの直系尊属からお金をもらって家を建てるなどすると、そのもらった金額に対して一定金額までは贈与税が課税されないという、いわゆる「住宅取得資金の贈与の特例」の制度があります。

通常の住宅ローン控除は、ローンの金額と購入や建築した建物などの金額を比べて低い方に率をかけて計算しますが、贈与を受けて建物等を取得した場合は、建物等の取得金額から贈与を受けた金額を差し引いた金額とローンの金額を比較します。

が、取得価額から贈与金額を差し引かないで計算されている方がが多いようです。
3000万円の家を購入して、内1000万円は贈与金額の場合、(3000万円ー1000万円)=2000万円で計算するのが3000万円でしてしまったということですね。

1000万円違ったら大分控除額変わりますよね!
控除割合が1%だとしたら10万円も違うのです。


というようなことが国税庁で発表されています。
もしよろしければご参考ください。
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2018/oshirase/index.htm#case1


日々法律は変わっていくので、勉強しなきゃですね。

それではお疲れ様でした!
明日業者に電話します!笑
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.02.07 22:58 | 職員スギちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2902-129dc437

| ホーム |