FC2ブログ

残業が減った!

こんばんは、すずめです。

今日でシマを退職するパートさんがいまして、やはり一緒に働いていた仲間がいなくなるのは淋しいですね。

今日は働き方改革についてです。

今も少子高齢化といわれ、どんどん労働する人口が減ってきています。

そんな現状のなか、50年後でも人口1億人を維持して会社、家庭、地域でだれしもが活躍できる社会を目指すというものになります。

このまま労働する人口が減り続けると、これから40年後にはピーク時の半分になってしまう可能性があると予測されています。

労働力をあげるため、考えられたのが働き方改革になります。

このような事が考えられ

・働く人を増やす(働いていない高齢者や女性を労働市場に参加させる)

・出生率を上げて、将来の労働人口を増やす

・労働生産性を上げる

これが目標となります。

この目標を達成するために、長時間労働改善、非正規と正社員の格差解消、高齢者の就労促進などの対策がされます。

長時間労働の問題は以前から深刻で、最悪の場合は過労死してしまう人もいます。

また長時間労働、転勤などが出来ないため、正社員のではなくパート等の非正規で働く選択をすることも考えられます。


また長時間労働は出生率にも影響があると考えられています。

働き盛りの年代と出産育児をする年代が重なることが多いためです。

出産等に伴い、仕事のキャリアの中断、仕事と育児の両立の不安や男性が育児、家事への協力がしにくい事象があります。

こういった事を踏まえ、残業時間の上限ができました。

基本的に1日の労働時間は8時間、一週間の労働時間は40時間と決められていて、残業はさせてはいけないとなっています。

こちらに対し、36協定という届出を出すことにより、1ヶ月の残業45時間、1年360時間までは残業をさせてもいいとなります。

さらに特別条項というのがあるのですが、ここの見直しと労働基準監督書の調査対象も増加させるそうです。





スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.05.15 23:23 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2966-01ccaccd

| ホーム |