FC2ブログ

役員報酬の改定時期

お久しぶりです。
かわちゃんです。

今日は役員報酬の改定時期についてご紹介します。

役員報酬は利益調整を防ぐため、簡単に変更できないよう、定期同額でなければならないと決まっています。
また、役員報酬の変更は決算から3か月以内の株主総会で決定するときまっています。

それでは、3月決算の会社で、お給料の支給が毎月月末の場合、遅くても6月末支給分からお給料を改定しなければならないのでしょうか?
結論から言うと、7月末支給分からの改定でもいいのです。

もし、お給料の支給が毎月10日だったとします。
そして、6/20に総会を開き役員報酬改定を決定したとします。
その場合、4月5月6月の支給はすでに終わっており、どんなにあがいても、7月10日の支給分からしか変更できません。

一方、支給日が月末なら、6/20の総会の後に6月分お給料を支給できるじゃないか…ということになってしまいます。
でも、支給日が違うというだけで、3か月以内に改定するか、4か月以内に改定するか分かれるなんて変な話ですよね。

また、そもそも、決算から3か月以内というのは、あくまで役員報酬改定を決定するのが3か月以内ということです。
さらに、その総会で決定するのは、総会開催日から開始する新たな職務執行期間についての給与の額です。

そのため、4.5.6月に支給される給与が同額で、7月以降に支給される給与が同額であれば、定期同額給与として認められるのです。

定期同額給与は3か月以内に惑わされてはいけません!!
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.05.30 20:11 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2977-e1ea2ea6

| ホーム |