FC2ブログ

諦めたらそこで

ワタクシ、寝汗がやばいみたいです。


こんにちは、ユースケです。

先週末で繁忙期(12月〜5月)が終わり、本日から通常期に入っております。

税理士業界の繁忙期と言えば、終電近くまで連日残るみたいなところがザラにあり、周りから「不夜城」と揶揄されたりしています笑

そんな中、今年シマ会計は繁忙期を振り返ると、なんだかんだ言って年々業務効率が良くなって、帰る時間もだいぶ早まりました。
残業しても日によりますが19:00までとかそんな感じです。
ただ、残業は残業ですけどね。

来年は、繁忙期といえどスタッフ全員が定時にピタッと帰るように仕組みづくりをしていきたいです。
そのためには、新しいものを怖がらずテクノロジーの導入も進めて、新たなサービス商品や社内の仕組みも作り上げなければなりません。

そして何よりスタッフ全員のマインドを変えなければなりません。
というよりも日本の企業風土を変えなければなりません。

働き者の日本人は残業について

「こんな遅くまで残業してて偉いね!ありがとう!」

というように、残業は会社のためにいいことという考えだったように感じます。


ですがこれを

「なんで残業してるの?仕事遅いね。もっと効率考えてよ」

という考えにシフトしなければならず、そのような文化を作らなければならないと思っています。

働き方改革が謳われて、少しはこの考えになっている企業も増えてはきているとは思いますが、まだまだ昔のままのところがほとんどです。

シマ会計では人事評価項目のうちの一つに「残業時間」があり、残業時間が少なければ少ないほど評価が上がる仕組みにしています。
仕組みで文化を変えていこうという取り組みです。

繁忙期に残業するのは「しょうがない」と思ってしまった時点で負けです。
諦めているのと同じです。
諦めたらそこで試合終了です(安西先生)

今までの当たり前を当たり前と思わず、新しいこと・考え方を取り入れて活動していけばきっと結果は出ます。

諦めることなく、チャレンジを続けます!!






スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.06.03 18:30 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2980-b21d9ea8

| ホーム |