FC2ブログ

粗利益が大事

最近、すぐにお腹が減ります。


こんにちは、ユースケです。

日頃お客様との打ち合わせでよく聞かれるのは、その会社さんの利益がプラマイゼロになるポイントです。

「うちはあとどれくらい上がれば利益が出るんだろう?」
「うちはあとどれくらい下がってしまったら赤字になってしまうんだろう?」

というご相談です。

この時一番重要になるのが「粗利益(あらりえき)」です。
略して「粗利(あらり)」と言ったりします。

粗利益とは端的にいうと、「売上から仕入を引いたもの」になります。
が、実は「仕入」だけではダメで、「売上から売上に応じて変わる経費を引いたもの」というのが正解です。

この「売上に応じて変わる経費」を「変動費」と言います。
仕入はもちろん、外注費や荷物の運賃、業種によってはガソリン代などが該当します。

ちなみに、この変動費以外の経費を「固定費」と言います。
売上の有る無しに関わらず、絶対にかかる経費です。
人件費や家賃や広告費などですね。


で、本題です。
会社がプラマイゼロのポイントになるのは、この「固定費」と同じだけ「粗利益」があればプラマイゼロになりますよね。
年間の固定費が1,000万円なのだとしたら、粗利益を1,000万円稼げばプラマイゼロなのです。

ですが、これがわからなくなってしまいます。
なぜかというと、「売上」という小悪魔がいるからです。

どうしても気になってしまうんですよね、売上って。
どんな会社の社長さんでも売上だけは把握されています。
売上さえあげればいいという、売上至上主義の会社さんもそこそこあります。

でも、その売上をやっていくら残るか、つまりいくら粗利が残るかを把握している会社さんは意外に少ないです。
けれども、どんなに売上をあげても粗利が残っていなければ全く意味がありません。

重要なのは粗利益です。粗利益を把握することです。

この商品を売ったら、この仕事を受けたら、いくらの粗利益になるのか?
そして、それを何個売ったら、何件受けたら年間の固定費と同じだけの粗利益になるのか?

この考えがすごく大事です。
ただし、この考えをするためには小売・卸売業だと「商品別の販売管理」や、建設業だと「工事台帳」などで、きちんと粗利益の実態を把握することが必須です。


粗利益、大事です。
是非、売上ではなく、粗利益に視点をシフトしてみてください。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.06.18 19:23 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2990-580b5a9e

| ホーム |