FC2ブログ

リース!

お久しぶりです。
かわちゃんです。
最近、毎日、朝ごはんはブリトーか納豆巻きを食べています。
毎朝、そのうまさに感激しているのです!

ということで、今回はリース資産についてご紹介します!

なぜ今更リースについてかというと、先日帳簿入力でリースについて調べたからです笑

事業でリースをすると、それは単純に毎月払う額をリース料として経費計上してもいいかというと、それではダメな場合があります。

しかし、やはり資産計上すると作業工程が増えたり、同時に負債計上により残高の管理や利息の計上など帳簿作成上負担が大きくなってしまいます。
できればリース料の支払時に経費計上する方法を選びたいというのが本音かと思います。

でも、それを判断するのがちょっと難しいんです。

実はリースと一言で言っても場合分けがあり、それに従って経理方法も異なるんです。

そもそも、リースとは何を指すのでしょうか?
税法上では以下のものをいいます。
(1) リース期間中の中途解約が禁止されているものであること又は賃借人が中途解約する場合には未経過期間に対応するリース料の額の合計額のおおむね全部(原則として90%以上)を支払うこととされているものなどであること。
(2) 賃借人がリース資産からもたらされる経済的な利益を実質的に享受することができ、かつ、リース資産の使用に伴って生ずる費用を実質的に負担すべきこととされているものであること。


 つまり、原則中途解約できなくて、「中途解約するなら残額支払ってね」という契約で、借りてる人が自由に使えて、使用中にかかる費用は借りてる人が払うことになっている状態です。

 これらに該当しない賃貸借取引は、リース料の支払時に経費計上することができます。
 それに対し、リース取引となると基本的には資産計上が必要となってしまいます。 


 ただし、ここでコツがあります。
 リース取引であっても以下のいずれかに該当すると支払時に経費計上できます。
 ①30万未満の少額リースである
 ②リース期間が1年以内である
 ③事業内容に照らして重要性が乏しいリース取引で、総額300万以下である(上場会社を除く)
  
 特に③が大きいですね。 
リースで経理方法に困ったら、まずはこの3点で判断してみるのがいいと思います。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.07.18 22:12 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/3012-8b170d4f

| ホーム |