FC2ブログ

家庭用から事業用へ転用する時に‼︎

どーも、カワちゃんです。

お盆も終わり、すぐ涼しくなりますね〜。

と言うことで、今日は個人で使用していた車の減価償却についてご紹介します‼︎


今までサラリーマンをしていた方が、新たに事業を始めるにあたり、個人的に使っていた車を仕事専用として使うなんてことよくありますよね。

その際、法人が社長から車を買い取り資産計上することが出来ます。



この時の売却価格は、時価や同様な車体の市場価格にならう方法もありますが、簿価を基準にする方法もあります。



それでは、個人的に使っていた車の簿価はどのように計算するのでしょうか?

主な計算式は以下です。
簿価=購入価格−購入価格✖️90%✖️償却率✖️個人的に使用していた期間

一般的には、新車の耐用年数は6年で、中古だと短くても2年です。

しかし、個人的な利用の場合、一般的な耐用年数の1.5倍で旧定額法を用いて計算します。

旧定額法とは、平成19年3月31日以前の取得に適応となる計算方法で、償却率は1.5倍された耐用年数から導き出します。

混乱しやすい内容ですが、計算を間違えると社長の所得や贈与になる場合もあるので注意が必要ですね。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.08.15 23:18 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/3033-f62d6042

| ホーム |