FC2ブログ

保険金収入の税金

こんばんは!
ハカマです。
最近は寒いと感じる日が増えました。
その為か休日にも外に出かけるのが億劫になってしまします。
また太陽が出ている時間が短くなってすぐ暗くなってしまいますね。
今年の当時は12月22日、それを越すとまた日照時間が長くなりはじめます。


先日弊社に保険会社さんをお迎えして生命保険のことについて伺いました。
投資的な保険で振り込んだ保険料を保険会社さんが運用してくれる保険とのこと。
運用がうまくいけば30年後に振込金額の3倍以上の金額が返ってくるようです!
「すごい保険だ!」と素直に感動したのですが、同時に
「3倍もお金が戻ってくると税金をかなり払うことになりそう」と思い
税金の計算方法を確認してみました!

保険が満期や解約により、保険金を受け取った場合保険料の負担者と
保険金の受取者が誰であるかによって税金の計算が違ってきます。

今回は私が保険金を支払し、私が保険金を受け取ると仮定してみました。

私が保険金を支払、私が保険金を受け取ると所得税が課せられます。
①一時金で受け取る場合は一時所得として
②年金として受け取る場合は雑所得として
税金を計算します。

今回は①に該当する保険ようなので一時所得の場合を見てみます。

一時所得の場合
(受け取った保険金 - 払い込んだ保険料 - 50万円)÷2

上記の式で課税の対象となる金額をもとめます。
もし1000万円支払した保険料が3倍の3000万円になったと仮定した場合
(3000万円-1000万円-50万円)÷2 で975万円が課税の対象となります。
ここから税金をざっくりと計算すると159万円ぐらいとなりました。
思っていたより税額は少なかったですが、100万の大台を超えてきましたね笑
確定申告で税金を申告するので申告漏れの内容にご注意下さい。




スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.11.05 18:44 | 職員ハカマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/3084-4f026874

| ホーム |