FC2ブログ

自学力。





ブログランキングに参加しています!よろしければクリックをお願いします!

どーも、イノッチです(^o^)


ブログ…個人の日記などを、簡便な方法で作成し公開することができるウェブサイトの総称。

公開…公衆に開放すること。

公衆…社会一般の人々。社会学で、伝統や文化を共有し、共通の識見をもち、公共的なものに関心をもつ不特定多数の人々。

伝統…ある民族・社会・集団の中で、思想・風俗・習慣・様式・技術・しきたりなど、規範的なものとして古くから受け継がれてきた事柄。

しきたり・・・・


突然、スイマセン。
意味が分からないですよね。
これは、昨日のエチカの鏡という番組の内容を僕も真似した結果です。

昨日、テレビをつけた時に三大学習法という言葉が。
勉強中の僕としては、是非、教えて欲しいところです。
その内容はというと、私立・立命館小学校の授業内容の特集でした。

その授業内容にびっくり!!!

まず、小学1年生から皆が各自の国語辞典を持っている。
知らない言葉を聞いたらすぐに辞書を引かせる。
調べた言葉をふせんに書いて、そのページに貼る。
調べた言葉の意味を発表。
その意味の中で疑問に感じた言葉をまた調べる。
先生は調べてふせんを貼ることを褒める。


これの繰り返し。


元々、子供は好奇心旺盛で調べることが好きで、
その調べたことが褒められることで更に楽しみを覚えていく。
自分が調べたことがふせんの量として、視覚的にも把握できる。

今の時代、国語・数学などの勉強以上に、
自分で調べることが大切ということを、自然と子供に馴染ませられる。


さらに“ハテナノート”と呼ばれるノートがある。
子供が日常生活の中で気になったことを書くだけのノート。

しかし、これが凄い。
“辞書引き学習法”との相乗効果で、疑問に感じたことを辞書でも調べる。
小さな頃から、自分の力で考える。調べる。行動する。


何よりも大人が無理強いさせているのではなく、
子供が率先して調べる仕組みができている。

これは、ヤバイです。
大きくなるにつれて、考える力はかなり差が開いていきます。


他にも小学校受験の塾の特集もありました。
これが、また勉強になる。
ここでは、書ききれませんが、久しぶりに良いテレビを見られた感じがします。


さてさて、甥っ子達は丁度この時期。
そろそろ、クリスマスだし、甥っ子達へのプレゼントは国語辞典で決まりかな(。-∀-)♪








ブログランキングに参加しています!よろしければクリックをお願いします!
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2009.11.30 20:21 | 職員イノッチ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/573-15522c14

| ホーム |