FC2ブログ

彷徨う読書ライフ

こんにちは、シマヨメです

私は本を読むのが好きなのですが、ここ最近少し読書から遠ざかっていたため、次に読む本をなかなか見つけづらくなっていました。

以前は何人かの好きな作家さんの本が出るたびに買って読んでいたのですが、ここ数年大好きだった作家さんが亡くなったり、ずっと読んでいた作家さんの作風が変わって自分には少し合わなくなってしまったりで、読書難民状態に陥っていました。

そんなときに昔からとっている打開策は、色んな作家さんが参加している短編集や雑誌をチェックして、面白そうな人の本を読んでみることです。

ちょうど書店に新潮社の季刊誌「yomyom」があったので迷わず購入。

表紙はタイトルの「yomyom」とかわいいパンダのイラストのみ。
雑誌と言えば普通表紙に大小の見出しがたくさん載っていますが、何も無いこのシンプルさが逆に興味をひきます。

もうひとつ普通の雑誌と違うのは、目立つ広告が非常に少ないこと。
しっかりと広告は入っているのですが、それ自体が読み物になっているのも面白いところです。

内容は人気作家のエッセイあり、短編あり、翻訳物や読書体験記など盛りだくさんです。
色々な作家さんの文章を一気読み出来るので、非常にお得感があります。

今回私が一番面白いと思ったのは、翻訳家でもある岸本佐知子さんの日記です。
1日数行の日記なのですが、友人に言われた一言に途方にくれてみたり、日常生活のなにげないことに少々毒づいたり。とても短くて簡潔な文章なのに、読んでいるとその情景がありありと浮かんだり、思わず吹き出したり。
岸本さんの作品は初めて読みましたが、ツボに嵌りまくってしまったので、さっそく彼女のエッセイを本屋さんに探しにいきました。

近所の書店で「か」行を探してみるものの、岸本さんの作品は見あたらず。
がっかりしていたところ、「か」行の最後に川上弘美さんの小説を発見。
川上さんの小説は以前から何冊か読んでいて、今回のyomyomでも「なんかいいなぁ」と思っていたので迷わず購入。
今回購入したのは「ニシノユキヒコの恋と冒険」。大当たりでした。
(川上弘美さんといえば「センセイの鞄」が有名ですね。こちらは私の超オススメ作品です。今まで読んだ本の中でベスト3に入るくらいお気に入りです)

ここまで書いて、当初の目的だった岸本さんの本を探して買うのを忘れていたことに気がついてしまいました。

まあ、次に読みたい本が出来たということで結果オーライです。

こんなかんじで、迷走しつつも、この先しばらくは楽しい読書ライフが送れそうな予感がしています。


さて、明日このブログを書く人に質問です。
この時期、日本中のあちこちで妄想を働かせている人が多いと思いますが、もし宝くじが当たったら何に使いますか?
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2007.12.18 17:39 | シマヨメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/70-e44602bd

| ホーム |