FC2ブログ

うちのクリスマス♪

税理士のシマです。

皆様、クリスマスはいかがだったでしょうか?
クリスマスと関係なくとも年の瀬の連休ということで、何かとお忙しかったのではないでしょうか?

今日は、僕んちのクリスマスの恒例を2つほどご紹介します。

クリスマスは毎年必ず妻の実家で過ごします。
と言っても、夕飯時に押しかけ食事をいただいて、満腹になったところで寝るかテレビを見ているだけなんですが・・・

犬のコータも妻の実家が大好きで、実家に向かうときに電話をかけるのですが、その時点でしっぽがビュンビュン回ってます
電話口の声がわかるんですねぇ・・・電話を切った後は、「早く連れてけ!早く連れてけ!」と足にまとわりついて催促してきます。

「わかったよ。わかったよ。」となだめて、行く準備をします。

コータは冬になると服を着てお出かけするのですが、クリスマス時期はクリスマス仕様です。

071223_205512.jpg

この「かわいいでしょ」とばかりの得意げな顔がまたかわいい
まったくの親バカな僕です・・・

これがまず1つ目の恒例行事です。


そして、もう1つの恒例は・・・

071223_155827.jpg

071223_155811.jpg


これが何だかわかりますか?

妻の母特製の鳥の丸焼きです。クリスマスだけの恒例料理です。
これは、僕が妻と結婚する前からご馳走になっていました。もうかれこれ10年以上前から毎年いただいております。

売っている鳥より絶対美味いです。と言うか、一羽5,000円くらいで売ってもいいんじゃないかと思います。

鳥は地鶏なので肉が美味いのは当然のことながら、鳥の腹の中に入っているものが美味いんです。パンや鶏肉やセロリなどを腹の中に入れて、オーブンで焼いているようです。この中身が鳥の味が染み込んで最高です。

この腹の中身の写真を撮っておけば良かったのですが、それどころではありませんでした。

というのは、この腹の中身は毎年争奪戦なのです。僕・妻・妻の弟。この3人で取り合いになります。弟は普段はそんなに食べる方ではないのですが、この腹の中身だけは違います。
それくらい、うちのクリスマスには大事なものなのです。

結局のところ、主導権を握って一番食べたのは妻でした。

後から、食卓についた義父は一口程度食べたくらいでした。

僕の記憶では、毎年妻が一番食べているような気がします。
どこに行っても食べ負けをしたことがない僕ですが、この鳥の中身については妻に勝てないようです。

最後にお腹いっぱいになったところで、鳥の肉をほぐして、僕の任務は終了しました。

このほぐした肉をパンに挟んで食べると、また最高です。

以上、2つがうちのクリスマス恒例行事です。


恐らく、来年も同じようなクリスマスになると思います。

そして、このブログにも同じような書き込みをすると思います。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2007.12.26 15:24 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/75-e11808e7

| ホーム |