FC2ブログ

2回目のチャレンジ

こんにちは。
マイです。


今日のブログも、
前回に引き続きGWの出来事について書こうと思います。


このGW、
ワタクシあるチャレンジに挑みました。


それは何かといいますと
「車の運転」。
(以前、私のブログをご覧になった方はご存知かもしれませんが、
 私ペーパードライバーなんです。)


1年前に1度、とある駐車場で4年ぶりに練習したっきり
ここ最近は全然運転しておらず。

それがなぜ今回再びチャレンジを行うことになったのか、
その経緯を説明しますと・・・ 



今月8日、富良野地方にある、
祖母の家に遊びに行ったときの事。

祖母や従兄弟と談笑中、
ひょんなことから、叔父と車の運転の話になり・・・


叔父「そういえば、マイ。
    お前、最近車の運転してるのか?」


私「ううん。1年前に練習したっきり全然運転していない。」


叔父「車の運転は練習しないと上達しないぞ。
    俺の車貸してやるから練習するか?」


私「いや~いいよ。ぶつけたりしたら申し訳ないし。」


叔父「いいって。その時はお前の母ちゃんに弁償してもらうから(笑)
   よし。俺が隣についていてやるから、今から練習するぞ。」


私「う~ん、でもなぁ、1年振りだし何かあったら・・・」


叔父「つべこべ言ってないで行くぞ。早く準備しろ!!」


私「・・・ハイ!スイマセン!!」


・・・という半ば強制的な叔父の言葉に押し切られる形で、
今回1年ぶりにチャレンジすることになったという訳です。



まさかの展開に戸惑いながらも、
早々に用意をすませ、準備万端。



「マイ、絶対車ぶつけるんじゃないよ!!」
と、母親から本気で心配され、
重い重圧を感じながらも、いざ叔父の車の運転席へ。
なにはともあれ、Let’s Goです!!





さてさて、1年ぶりの私の運転はといいますと・・・


案の状と言うべきか、さっぱりダメです(>_<)


1年前に練習した時と同じく、車体感覚がイマイチ掴めていません。

本当、よくこんな運転で自分免許取れたな~と思います・・・。
4年前どうやって運転していたんだろう。
自分でも不思議に思うくらい謎です。





そんな状況を見かねた叔父から早速、


「マイ、なるべく下を見るな。目線はもっと遠くを見るようにしろ!!
 
 あ~、もうスピード出し過ぎだ!!スピードもっと落とせ!!

 ハンドル右にきれ・・・あっ。間違った、左だ。え~い。もういい。右に行け!!」

と、かなり熱のこもった指導が。


この口調ぶりでわかるかもしれませんが、
叔父はかなり気が強い性格。
指導方法もめっちゃスパルタです。

姪っ子だからといって一切容赦しません。


車の教習所の先生でとても厳しい先生がいましたが、
叔父の指導はそのさらに上をいく厳しさ。


「ひえ~、怖っ!!」と思いながら、なんとか叔父の指示通り運転する自分。
もう必死です。
何せ車を運転することの怖さよりも、叔父の指導のほうがはるかに怖い(笑)




いやもう散々言われました。
(何度、「この下手くそ~!!」と言われたことやら笑)




しかし、そんな叔父のしごき(?)の甲斐あってか、、
車体感覚はだいぶ取り戻すことが出来ました。


1年前と比べたら、その差は歴然。
(1年前は幅寄せも出来ないほど、ひどい状態でしたので。)


叔父の言うとおり、
やはり車の運転に慣れるためには、ひたすら練習するっきゃないですね。

今回運転してみて改めてそう実感しました。



叔父には、本当感謝しています。


よく、私のあんなひどい運転の隣に座って指導してくれたと思います。

ただ、もうちょっと優しい言葉をかけてほしかったな・・・とは
ちらっと思いますが(笑)


まぁ、なんだかんだありましたが、
叔父のおかげで、とりあえず車を運転することの恐怖は払拭できました。

叔父さん、ありがとう!!



さ~て、今週末にでも時間見つけて
車の運転の練習に行こうかな。

車体感覚を覚えているうちに練習しとかないと、
またひどい状態に逆戻りしそうですし。
(仮にもしそのような状態になったら、それこそ叔父に何と言われるか
考えただけでも恐ろしい笑)


というわけで、
今後も運転の練習は続けていきます。

頑張ります!!
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2011.05.18 21:12 | 職員マイ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/943-d13b1de7

| ホーム |