経営力向上計画の固定資産税軽減の廃止

先日タワーレコードでCDを買ったのですが、同じものを買ってしまいました。。。
どうしようか迷っている今日この頃です。

こんにちは、スギちゃんです。


早速ですが「経営力向上計画」というものをご存知でしょうか?
国に自社の経営力を向上するための計画を提出することで、様々な優遇措置を受けることができます。

例えば。。。

■生産性を高めるための設備を取得した場合
 ・固定資産税の軽減措置(3年間1/2軽減)
 ・減価償却では、即時償却or取得価額の7%を法人税で控除(資本金が1億円以下の法人は10%)

■資金繰りの支援
 融資の利率が通常の場合より低く借りられたり、保証料の金額も多少考慮されるようです。
 日本政策公庫の場合、2億7千万まで基準利率0.2%

■補助金申請における優先採択
 ものづくり助成金などの申請においては、点数が加算されるようです。


などなど。。。
前置きが長くなりましたが、本日はこのうちの「固定資産税の軽減」についてご紹介します。

結論から言うと、この計画の提出による固定資産税の軽減は廃止されます。

。。。∑(`□´/)/


廃止されるのは、H31年の3月末です。

今まではこの計画書を提出ることで、国税(法人税)の優遇と地方税(固定資産税)の優遇が一緒に受けれたのですが、今後この手続きがバラバラになるそうです。

・国に経営力向上計画を提出
・地方に先端設備導入計画という書類を提出

もし国税と地方税同時に適用を受けようとするならば、↑という流れになります。


ちなみに、この固定資産税の軽減の法律は、6月6日より施工されていますので、地方に計画を提出して軽減することは可能です。
具体的な内容について、今度ご紹介いたします!

それでは、お疲れさまでした!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.13 17:51 | 職員スギちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

還付加算金


こんにちは、ぐっさんです。

少し久しぶりのブログになります。


今日は、還付加算金についてお話ししたいと思います。

税金を払いすぎた場合には返還してもらえるのですが、その際に

還付加算金というものが加算されて返還されます。


これは、払いすぎた税金に対しての利息のようなもので、

納付期限日等の翌日から還付金の支払い決定までの日数に応じて加算されるそうです。

この還付加算金の消費税上の取り扱いは不課税取引となるそうですので、

仕訳入力の際には課税対象外になるそうです。


科目は雑収入などで処理するのが一般的なようです。


そして、還付金と還付加算金は区別しなければならないので、

気をつけてください。

又、個人事業主の場合は雑所得として申告する必要があるそうなので、

記帳する際は事業主借で計上しておくようです。


それでは、今日はこの辺で失礼します。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.12 16:06 | 職員ぐっさん | トラックバック(0) | コメント(0) |

コミュニケーション

【お知らせ】
H30年7月4日に
税理士法人シマ会計 経営計画発表会
を開催いたします!
昨年皆様に発表させていただいた経営計画の結果と、来期の経営計画についてシマさんより発表させていただきます。

私たちの取り組みが、皆さんが経営をされる上で何か一つでもヒントになれれば嬉しいです。
ご興味ありましたら是非ご参加ください。

お申込は下記URLよりお願い致します!
https://goo.gl/forms/ghaRuDGrpxCsxMqh2


こんにちは、ユースケです。

最近思うのですが、社内のコミュニケーションが不足している会社さんが結構多いなと感じます。

社長側は「報連相がなってない!」
と言いますし、
スタッフ側は「社長が何を考えているのかわからない!」
と言います。

これは、明らかにコミュニケーションが不足している証拠です。

で、個人的にはコミュニケーションが足りているかどうかって、その頻度にあると思っています。
普段全く話をしないのに、いくらすんばらしいことを言われても、一体何を考えているのかわからないので全く響かないと思うんです。

有名な人の言葉なんかが心に刺さることがあるのは、普段テレビや雑誌などで目にしたり耳にしたりするから。
ある意味頻度の高いコミュニケーションが取れているからだと思います。

一言話すだけでいいと思うんです。
上司から部下でも、部下から上司へでも。
頻度が大事です。

ですが、社長や外回りの営業さんなんかは、ほとんど社内にないので頻度の高いコミュニケーションが難しいと思います。
しかーし、今はスマートフォンという便利なものがあるわけで、これを使ってLINEでもいいですし、以前からご紹介しているチャットワークでもいいですし、会わなくてもコミュニケーションを取れる方法はいくらでもあります。

やはり、業績的に調子がいい会社さんは、社内のコミュニケーションがしっかり取れている割合が高いように感じます。

是非、業績アップのためにも、一発逆転のコミュニケーションより、頻度を高くコツコツしたコミュニケーションを実施してみてください!






ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.11 20:49 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

+++

こんばんは、すずめです。

さっき気がついたのですが、7月10日までの期限の仕事がいっぱいあると!!

ひとつめ 労働保険の年度更新(緑の封筒で書類が送られてきます。)

ふたつめ 社会保険の算定基礎届(茶封筒で書類が送られてきます。)

みっつめ 源泉所得税の納期の特例(シマ会計の該当のお客様には、シマ会計から税額を計算しました納付書をお送りします。)

労働保険の年度更新と社会保険の算定基礎は年に1回、所得税の納期の特例は年に2回あるお仕事になります!!

7月10日まで通常の仕事+労働保険の年度更新+社会保険の算定基礎+所得税の納期特例と3つも重なっています…。

出来れば時期を分散してくれればいいのに…。


今日は上記の内容をさらっと書きたいと思います。

①労働保険の年度更新
労働保険の年度更新は、労災保険及び雇用保険料を計算して、毎年6月1日から7月10日迄の間に
労働保険申告書に保険料を添えて、銀行や労働局などへ提出します。

こちらは、毎年4月~翌年の3月末までのお給料に基づく労働保険料(概算保険料)を計算し、労働局に納付し、翌年に実際に支給したお給料に基づく労働保険料(確定保険料)との差額を精算するものになります。

②社会保険の算定基礎
こちらは、毎年7月に4月~6月まで支給したお給料を集計し、その平均額を基に9月分(10月納付分)から翌年の8月分までの天引きする毎月の社会保険料(標準報酬月額)を決定します。

毎年7月1日~7月10日までに、上記を集計し年金事務所に算定基礎届を提出します。

③所得税の納期の特例
お給料で天引きする源泉所得税は、原則翌月の10日までに納付なのですが、少人数(常時10人未満)の会社さんでかつ納期の特例の申請書を提出している場合、毎月納付のところが半年に1回の納付になります。

こちらは、1月~6月までの支払い分を7月10日まで、7月~12月までの支払い分を翌年の1月20日までにまとめて納付することが出来ます。

シマ会計の該当のお客様には、シマ会計で税額を計算し、源泉所得税の納付書をお送りしますので、今年の1月~6月までに支給したお給料の明細を早めに送っていただければ助かります!!


なぜか、上記の3つとも期限が7月10日なんですよね~。


私は上記の3つの仕事(自社分などがあるので…)を7月10日までに終わらせなければ!!

休みあけに、リスケします。

それでは今週もお疲れ様でした!!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.08 23:35 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

資金計画のおはなし

こんばんは、ノリオです。



先日、株式投資を始めました。

まだ結果は出ていませんが、(評価益がプラス)なるべく長く持ちたいですね。
(売った買ったはなるべくしたくないので)





お金の話をしたところでなんですが、今、100万あったとします。

年2%で運用した場合、5年後の金額はいくらでしょうか?



は、






す。





はい、正解は1,104,100円です。








控えめにいって、年1%なら、1,051,000円です。







年5%なら、1,276,300円です。





年1%と5%なら、結構違いますね。






運用益もそうですが、利息が利息を呼ぶというのが、なんとも言えないですね。




ノリオがおいしそうな金の話をしてたぞ、っていっても自己責任でお願いいたします。

責任は取れませんので、悪しからず。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.07 20:20 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |