FC2ブログ

軽減税率の対象

こんばんは!
ハカマです!
新年度が始まり半月が過ぎようとしています。
仕事が忙しくてあまり実感がありません。
年号も令和にかわるようですが、税務申告ソフトもまだ対応が追い付いていませんが、
届出書等色々な書類の作成は進んでいっています。
令和に対応するのはもう少しだけ先のようなので届出書が平成でもご容赦下さい。

今回は消費税増税と共に導入される軽減税率制度について書いていきたいと思います。
2019年10月1日から消費税が10%に引き上げられると同時に、軽減税率制度が実施されます。
軽減税率とは、一部の品目にかかる消費税を8%にするという制度です。

●軽減税率の対象となる品目
①酒類を除く食品表示法に規定する食品
②定期購読契約に基づく新聞

①は飲食料品を指しているので食肉加工前の牛等は含まれません。
テイクアウトや宅配等は軽減税率の対象となります。
一方で、外食やケータリング等も軽減税率の対象とはなりません。
また有料老人ホーム等での食料品の提供は、軽減税率の対象となるので事業者様は注意が必要になります。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.04.12 18:03 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

金融機関からの借入

皆さんこんばんわ!!
カッツです。

今回は、法人・個人事業主さんが事業資金として金融機関から
借入をする際の資金使途についてご紹介します。

借入をする際、事業資金としては、大きく二つに分かれます。

①設備資金  ②運転資金

設備資金とは、車両や機械設備 等を購入する際借りる資金となります。
設備資金を借りる際は、金融機関から見積書等を求められ、支払いも
振込みになることがほとんどです。


運転資金は、人件費等の経費の支払いに充当するため、振込みを
求められることはほとんどありません。


お金に色はついていませんが、資金使途の違いで金融機関から
求められる書類や条件が変わってきますのでご注意下さい。


それでは、皆様今日も一日ご苦労様でした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.04.11 20:30 | 職員カッツ | トラックバック(0) | コメント(0) |

外注費のはなし

こんばんわ、NORIOです。



消費税の話ですよ。



消費税の課税事業者となったNさん


安くなる方法を考え中です。


「いやー何とかならねえかなーと」今日も仕事をそっちのけで考えていました。


「給料は不課税なんだから、そうだ外注費でいいじゃん!」


と考えたNさん。



外注費のページを開くと、、、


その契約に係る役務の提供に他人が代替して業務を行えるかどうか


外注先の企業が自ら請負金額を計算し、請求書を発行しているか


役務の提供に当たり事業者の指揮監督命令を受けるかどう


まだ引き渡しを了しない完成品が不可抗力のため滅失した場合等においても、当該個人が権利としてすでに提供した役務に係る報酬の請求をなすことができるかどうか


役務の提供に係る材料又は用具等を供与されているかどうか



基本的には上記の内容で判断をしますが、実際には業種によって材料を支給されたうえで業務を行ったり、指揮監督命令のもとで業務を行うこともあります。したがって、給与か外注費かの判断は必ずしも上記の基準のみを形式的に当てはめて判断するのではなく、個別ごとの契約内容、業務実態に応じて総合的に判断することになります。



ごまかしたら、税金余分に取られるのかな、、



源泉と消費税をごまかした分か、税務調査で引っかかると次の調査まで短くなるって話を聞いたな、、、



そうか専門家に相談しようと考えたNさん。


近くにあるシマ会計に行こうと決めたのでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.04.10 19:37 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

IT導入補助金

こんにちは、税理士のシマです。

今月に入り、飲み会が続いております。
歓迎会というわけではないのですが、たまたまお客様との約束が続き、毎晩飲んでおります。
ちなみにサワカナの歓迎会は、4月12日です。


皆様、IT導入補助金はご存知ですか?

もうすでに活用いただいていらっしゃったでしょうか?


IT導入補助金は、ITツールやクラウドシステム等の導入したときに出る補助金です。

2019年度は上限額が450万円となり、2018年度の9倍になりました。
下限は40万円で、補助率は1/2。

450万円のITツールを購入したら、450万円×1/2=225万円の補助金がおります。

181221yosan10.png

















シマ会計にはグループ企業が2社ありますが、本体を含めて3社で、このIT導入補助金を活用しました。

上限額が上がった2019年度にやればよかったなぁという後悔もございます。。


もし、ITツールの購入等を検討の方は、ぜひこのIT導入補助金をご活用ください。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.04.09 14:11 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

下がる

最近嫌なことが続き、どよーんとした空気をまとっているスズメです。

本当にどよーんとしています笑

でも仕事はいつもどおりですが・・・。

さて、4月になってシマにも新入社員のサワカナさんが入りました。

若いっていいですね~。

ワタクシと親子くらいの年齢差笑

そんなこんなで今日のテーマは自動車税です。

自動車税は4/1時点で車を所有している人に自動的にかかります。

5月の頭くらいに、納付書が届きますので
5月末の支払期限までに納付が必要になります。

自動車税は車の排気量や使用の用途によって
税額が変わってきます。

自家用車の場合、総排気量1,000CC以下で29,500円
あとは500CC刻みで税額が上がり
6000cc越えの111,000円まで税額の設定がされています。

また自家用乗用軽自動車(いわゆる軽自動車)は10,800円です。

もし車を廃車したとかで登録抹消の手続きをしていないと
車はもうもっていないのに税金がかかる等があるかもしれませんので
登録抹消の手続きは忘れずにやらないといけません。

また今年の消費税の増加に伴い、消費税の引き上げ後に購入した新車から
排気量の少ない車を中心に自動車税の税率が恒久的に引き下げになります。

1,000cc以下だと29,500円から4,500円引き下げの25,000円、1,000cc~1,500cc以下だと
34,500円から4,000円引き下げの30,500円になります。
(排気量が多くなると、引き下げの金額が小さくなります。)

それではお疲れ様でした。











ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.04.08 23:31 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |