FC2ブログ

経過措置(消費税の)

こんばんは。ジャスティスです。


筋肉中の真っ最中です。先週、会社のメンバーと一緒にフットサルをしてきました。


1週間経ってもまだ、筋肉痛が収まりません。たまに市の運動施設などで体を動かしていて


体力には多少自身があったのですが、試合当日は、全く動けませんでした。


どれだけ日ごろから運動不足だったのか改めて考えさせられました。


話はかわりまして、再来月から増税になる消費税のお話ですが、消費税増税に伴い経過措置というものの存在をご存知でしょうか



消費税の経過措置とは「税率変更の前後にまたがる取引についての取り扱い」をまとめたものです。


社会に流通する商品やサービスの中には、契約の締結と実際の引き渡し、消費の時期がずれるものがあり、例として以下のものが挙げられます。

1.電車の回数券
2.映画館や遊園地等の前売り券
3.電気料金など
4.請負工事等、資産の貸付


上記の中でも、「請負工事等」に絞って確認してみると

指定日(2019年3月31日)までに締結された請負契約(住宅の建設や機械装置の製造など)で、2019年10月1日以降に引き渡しが行われるものについては、旧税率が適用されます。


例1)
2019年4月25日に住宅建設の請負契約を締結し、8月20日に引き渡し
→引き渡しが8月中ですから、適用されるのは旧税率です。

例2)
2019年4月15日に住宅建設の請負契約を締結し、11月30日に引き渡し
→契約の締結日が指定日よりも後なので、新税率が適用されます。

例3)
2019年3月20日に住宅建設の請負契約を締結し、11月20日に引き渡し
→契約の締結日が指定日よりも早く、引き渡しが10月以降なので、経過措置が適用され旧税率となります。




上記のように消費税については経過措置が設けられています。いわゆる「軽減税率」と混同されがちな本制度について再確認が必要になってくると思います。






ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.08.07 20:03 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

皆様の経理事務の無駄を省きたい!

お久しぶりです。
カワちゃんです。

 
突然ですが、弊社では帳簿入力でマネーフォワードというソフトを利用しています。


これはクラウドソフトで、いくつかのシステムを利用することで自動的に帳簿化されるという利点があります。

その内の一つは、口座やクレジットカード連携による帳簿への自動取込です。
また、請求書や給与明細作成システムもあり、そのシステムを利用して作成することで自動で帳簿化されます。

更に、給与システムは勤怠システムと連携することで計算をより簡単にすることも可能です。


これだけを聞くだけだと、すごくよさそうに思いますよね。

でも、実際導入するとなると、、、、
経理事務を担当している方がパソコン操作に不慣れだったら?
銀行のネットバンキング操作や申込が面倒だったら?
ネットバンキングのIDやパス等を忘れていたら?
覚えることが多すぎて理解しきれなかったら?
経理担当が今までの方法から新しい方法に変えるのに前向きでなかったら?


スタートする前から導入作業に手間取ると、いらいらしたり戸惑ったり
投げ出したくなりますよね。

なにせ導入作業は一つの会社で何度も経験するものでもないのですから、
全てが初めてです。

そんな時、何度も導入作業を経験してきた弊社でサポートできるたらいいのでは?
実は、こういった考えから社内で体制を整えている最中です。

多くのお客様の事務効率を上げて、その分本業に力を注いでもらえるよう、
試行錯誤をくりかえし私たちも頑張っていきます!











ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.08.06 23:27 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

クレジットカードのおはなし

おはこんばんちは、ノリオです。


すげえ、あついっす。



溶けそうです、、、。





今日はクレジットカードのおはなしです。


クレジットカードとは、利用者の信用に基づいて、代金後払いで商品を
購入したり、サービスを受けたりすることができるものです。


クレジットカードの支払方法には、次のようなものがあります。


一括払い→ 1か月分の利用額を一括して支払方法

手数料はかからない。
ボーナス時に一括して支払うボーナス一括払いという方法もある。


分割払い→ 代金を何回かに分けて支払う方法

手数料がかかる。


リボルビング払い→ 一定の利用限度額を設定し、毎月一定額を支払う方法

手数料がかかる。



リボルビング払いの手数料の支払方式

ウィズイン方式とウィズアウト方式があります


ウィズイン方式は月々の一定の支払額の中に手数料を含めて請求する方式

ウィズアウト方式は月々の一定の元本返済額に手数料を上乗せされて請求される方式



カードローン、キャッシング

総量規制により、貸金業者からの借入は、合計で年収の3分の1以内となっています。
ただし、住宅ローンや自動車ローン、銀行系のカードローンの残高は対象外です。



Nさん 現金で支払うのが一番や!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.08.05 21:17 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

手当か社宅か、どっちなんだい

本日はフットサルに行ってきます。
いつもはユースケさん、たまにノリオさん
・ハカマさんですが
シマ会計から新メンバー4人を追加招集で挑んできます。

久しぶりなので非常に怪我が怖いです、
楽しんできたいと思います。


こんにちは、デーキタです。

今日は、従業員の家賃補助について。

福利厚生の一環で、従業員の家賃を補助することがあると思います。

そのときにだいたい2パターンに別れてきます。

1つ目が
住宅手当として支給する方法

2つ目が
社宅として会社が借りて一部従業員から徴収する方法


似ているようで似ていないこの二つの方法。
一体どちらが良いのでしょうか?


税金面を考えると二2つ目の社宅として
借りる方法がメリットがあります。

住宅手当として支給してしまうと
給与とされてしまうため
所得税がかかってしまいます。

さらに言うと社会保険の対象にも
なってしまうので負担が大きくなってしまいます。

税金などの面を考えると社宅の方が良いです。


ただ、一概にそうとも言えません。

社宅として会社が借りる場合には、
従業員が退職するということもありえますので
そのときにしっかりとそこが整備されていないと
ゴタゴタが起きてしまうので少し厄介かもしれません。

さらに従業員からしっかり賃貸料相当額を
徴収する必要もありますので注意が必要です。


どちらが今の会社に合っているのかを
しっかりと考えなければならないですね。


私としてはどちらでも嬉しいです。笑

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.08.02 17:30 | 職員デーキタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

日本語は難しい...

ここ最近暑い日が続いておりますが、皆さんは熱中症等大丈夫でしょうか?

少し歩いただけで汗をかいてしまうので、水分補給は欠かさずするよう
お気をつけ下さい。

こんばんは、カッツです。

最近日本語って本当に難しいと感じます。。。

同じ言葉でも、表情・ジェスチャー等によっては、伝わり方・捉え方が
変わってきます。

また、会って話すのか、電話で話すのか、メールなのかによっても
伝わり方が変わってきます。

自分ではちゃんと伝えたつもりでも伝わっていないことやちゃんと
聞いたつもりでもわかっていないことが・・・

もっと相手のことを考えて話したり、聞く姿勢を持たないとダメだと
感じた今日この頃でした。。。

それでは皆様、今日も一日お疲れ様でした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.08.01 18:52 | 職員カッツ | トラックバック(0) | コメント(0) |